日本美術刀剣保存協会和歌山県支部

活動記録

日本美術刀剣保存協会|和歌山|紀州|

活動記録

紀州の刀剣

     k010

刀 銘 紀州住祐国

法量 刃長七三・四糎(二尺四寸二分二厘) 反り〇・八一糎(二分六厘) 元巾三・二五糎(二・九七糎) 先巾二・一二五糎(一・九五糎) 元重〇・八〇糎(〇・七〇糎) 先重〇・四八糎(〇・四二糎) 切先長三・一五糎
姿・造込み 鎬造。庵棟高く区浅い。身巾やや広目で重ね厚く、鎬地広目に鎬高のしっかりとした造込みで、反り浅く、切先は小切先でふくらがよくつく。 地鉄 板目に杢がまじってよく詰み、細かい地沸がつく。地色青白く冴えて焼出し映りが立ち、その上部には淡い乱れ映りが立つ。 刃文 小沸出来の丁子乱れで、焼巾に広狭の出入りがあり、谷の部分は互の目になる。刃中に足が入って砂流しがかかり、砂流しのところで足が止まって、地には飛焼で玉を焼く。 帽子 直ぐで先は小丸に返って少し掃ける。 茎 生ぶ。茎棟は区際は角で鎺元からは小肉がついて浅い丸棟になる。鑢目は筋違鑢で磨出しに化粧鑢をかける。茎先はゆるい剣形。目釘穴一個で穴が大きい。

<解説>
花房備前守祐国の初期作で、寛文のはじめごろかとおもわれる作。沸づいた互の目まじりの丁子をやいている。祐国は元来が左利きであったのか、茎の棟鑢を逆筋違にかけているが、晩年の切鑢の時代になるとこの特徴は見られなくなる。

<   ・ 一覧へ戻る  ・  >