日本美術刀剣保存協会和歌山県支部

活動記録

日本美術刀剣保存協会|和歌山|紀州|

活動記録

紀州の刀剣

     k013

刀 銘 紀州大国齋源金光鍛之
    応桜井敬太郎好
    文久四年甲子小二月吉日

法量 刃長八三・四糎(二尺七寸五分二厘) 反り〇・九六五糎(三分二厘) 元巾三・二九糎(三・一四糎) 先巾二・一七糎(二・〇六糎) 元重〇・八三糎(〇・七七五糎) 先重〇・五八五糎(〇・四八糎) 切先長三・七一五糎
姿・造込み 鎬造。庵棟。身巾広く重ね厚で反りの浅い幕末の武用刀姿。 地鉄 板目に杢まじりでよく詰み、細かな地沸がついたきれいな地肌で地色黒ずむ。 刃文 小沸のついた浅いのたれ刃で、沸・匂ふかく刃中に葉が入り明るく冴える。 帽子 直ぐで小丸に返る。 茎 生ぶ。棟角。鑢目檜垣鑢。茎先刃上り栗尻。目釘穴一個。

<解説>
金光はこの刀に銘しているように大国斎と号しており、出身を濃州関と伝えている。作例は直刃あるいはのたれが圧倒的に多いが、稀に三本杉刃を焼いたものを見る。

<   ・ 一覧へ戻る  >