日本美術刀剣保存協会和歌山県支部

活動記録

日本美術刀剣保存協会|和歌山|紀州|

活動記録

紀州の刀剣

     k009

刀 銘 陸奥守橘為康

法量 刃長六九・七糎(二尺三寸) 反り一・二六五糎(四分二厘) 元巾三・〇四糎(二・八六糎) 先巾二・〇四糎(一・八九糎) 元重〇・七五糎(〇・六六糎) 先重〇・五六糎(〇・四三五糎) 切先長三・四一糎
姿・造込み 鎬造。庵棟尋常で棟区浅く、身巾、重ね尋常で鎬巾広く、鎬高は尋常。反りは浅目に中切先になった姿は一見寛永から寛文にかけての過度期の刀姿に見えるが、寛文末から延宝にかけての作であろう。 地鉄 小板目がよく詰んで規則正しい揃った乱映りが立つ。 刃文 焼出しより三糎ほどは刃を低く小乱で焼出し、それより先は鎬にとどく高い刃を華やかに焼いて足・葉がよく入り、丁子の頭にあまり高低の変化が見られない。焼入れの温度が高かったとみえて刃先より〇・五糎ほどのところで足が止っている。 帽子 表は直ぐで僅かにのたれて先が尖り気味に返り、裏は直ぐでほつれ、先は小丸に返る。 茎 生ぶ。棟は浅い丸棟。鑢目大筋違。茎先栗尻。目釘穴一個。

<解説>
為康としては珍しく石堂然とした刃文を焼いているが、やはり火が高く、沸づいている。地刃ともによく整って破綻が見られず出来のよいほうの作。

<   ・ 一覧へ戻る  ・  >